ブログ
BLOG

取りこぼしを防止する新サービス紹介シナリオ

author 岡田拓也

date 2019.07.23

tags MA×CRMのメリット

tags  Pardot 使い方, Pardotの活用を促進するためのPardot活用Tips, Pardotの活用事例, Pardotを活用したメールマーケティング, Pardotを活用するための施策立案, SalesforceとPardot連携活用, お客様のPardot活用事例, マーケティングオートメーション 活用実践, 活用事例

Blog_20190620_header.png

こんにちは、toBeマーケティングの岡田 拓也です。

今回は「新商品 / 新サービスの紹介シナリオ例」をご紹介いたします。

.

自社サービスにご興味をお持ちのお客様へ、サービス紹介からお申し込み(契約)までを目的としており、

メールだけではなく「電話」なども駆使しながら、取りこぼしがないように対応したシナリオとなっております。

▼全体の流れイメージはこちら!

岡田さんBlog_図版_1.png

シナリオイメージと解説

◆ナレッジベース Engagement プログラムの作成
Engagement プログラムは上記画像を参考に、ナレッジベースをご確認いただきながら作成してみてください。

◆対象者

こちらのシナリオは「資料ダウンロードをしてくれた」=「自社サービスに興味を持っていただいている方」を対象にしたシナリオを想定しております。開始地点の配信リストには資料ダウンロード者や、Web訪問者等のリストを準備して配置します。

◆メール〜フォーム

次に、対象者へメール送信を行い、「開封するかしないか」「リンククリックするかしないか」でそれぞれ分岐させます。この "リンク" というのがPardotフォームになっており、直接お申し込みができるフォームとなります。開始地点が資料ダウンロード者対象でなければ、こちらのフォームを資料ダウンロードフォームとして活用でも可です。フォーム通過者に関しては、リストに追加しておき、別シナリオでお礼メールや担当者からご連絡をします。

◆フォローアップ

一方でメールのリンクをクリックしながらも、フォーム入力をしないお客様に至っては、興味はあるものの何かしらの理由があってフォームを入力していない方ですので、後押しをしてあげるという部分で直接お電話等でフォローアップを行います。(抜け漏れ防止にSalesforceのTodoを発行します。)

▼シナリオ完成のイメージはこちら!

スクリーンショット 2019-01-28 0.33.52.png

準備するもの

◆リスト

① 開始地点のリスト

 事前にリスト化した資料ダウンロード者や興味をお持ちの方を集めたリスト

② フォーム通過者リスト

 空のスタティックリストを作成しておきます。こちらは別途お礼メール等で活用します。

◆メールテンプレート

① 資料ダウンロード者を対象としたメール

 興味をお持ちの方へリンクをクリックしフォームへ誘導するようなテンプレートを作成

② 未開封者を対象としたメール

 1通目のメールを開封しなかった方が対象となりますので、本文は変えず件名のみを変更したテンプレートを作成

③ リンク未クリック、フォーム未通過者を対象としたメール

 それぞれクリック、フォーム通過を促すメールテンプレートを作成

まとめ


今回は、新サービス紹介から申し込みまでを想定としておりますが、お客様へ何かしらのご案内をしてから、しっかりとフォローアップできていないケースなんかも多いと思います。

そのような時に、こういったシナリオを活用してメールでの後追いや、Todo発行を受けての電話アプローチなど、せっかくの機会を抜け漏れがないようにしていくことが大切です。

ぜひ、利用できる箇所は活用していただければと思います。

投稿者プロフィール
岡田拓也

岡田拓也(Takuya Okada)アカウントサクセスマネージャー

広告代理店、システム開発会社等を経験した後、個人事業主として海外企業と共同でマーケティングオートメーションを開発。日本企業向けにローカライズ作業を行い、リリースまでを手がける。
toBeマーケティングでは、これまでのIT経験とマーケティングオートメーションの知識を活かし、Pardotの初期セットアップからマーケティングコンサルタントとして従事している。


ページトップへ