ブログ
BLOG

フォーム入力のハードルを下げたコンバージョンポイントを作ろう

author 岡田麻美

date 2018.09.19

tags Pardotの活用事例

tags  Pardot, Pardot 使い方, コンテンツマーケティング, 機能, 活用Tips, 活用事例

Blog_0918_Header.jpeg

こんにちは!アカウントサクセス部の岡田です。

Pardotを活用するために、まずはWeb行動を把握できるようアクティブプロスペクトを増やしていくことが重要です。そこで今回は、アクティブプロスペクトを増やすためのTipsをご紹介いたします。

.

なるべく入力の手間を省く設計に

アクティブプロスペクトを増やす施策として
「メール配信からのリンククリック」「フォームからのコンバージョン」がありますが、
資料・カタログのダウンロードから"メールアドレス""氏名"など最低限の情報を取得していくライトコンバージョンでのフォーム活用が比較的有効です。

そんなとき、顧客との今までの関係性も考慮すると、わざわざ入力してもらうのも・・・と悩まれることもあるかと思います。

今回はダイナミックコンテンツ機能を使用し、既にアクティブプロスペクトとなっている顧客へはすぐにダウンロードさせ、以下の顧客のみにフォームを出現させる方法をご紹介いたします。

・新規リード

・アクティブプロスペクトではない既存顧客(プロスペクト)

<表示イメージ>

イメージ図2.jpg

ダイナミックコンテンツとは

※Standard、GrowthのPardot Editionをご利用の方は使用できません

基準となる条件を各々設定し、各条件に満たした人にWebページやメール文章において、表示内容を切り分けることができます。ダイナミックコンテンツはアクティブプロスペクトに機能するため、必ず登録されている「メールアドレス」を振り分け材料に使用します。

<設定方法>

ダイナミックコンテンツの作成方法はこちら

具体的な設定方法としては以下のとおりです。

デフォルトコンテンツ

  → 新規リード/アクティブプロスペクトではない既存顧客 向けとしてリンク先にフォームを指定

・バリエーションA

  → アクティブプロスペクト 向けとしてリンク先にPDFを指定

ダイナミックコンテンツ.jpg

<詳細編集画面>

バリーエーション編集画面.png

PDFはPardotへファイル格納、もしくはカスタムリダイレクトで生成したURLを指定することをお勧めします

設定を保存したら[埋め込みコードを表示]をクリックし、ソースコードを取得してください。
対象のページのHTMLソースへ埋め込み完成です。

Standard・GrowthのPardot Editionは、Pardotフォームの項目設定次第で簡易入力に!

ダイナミックコンテンツ機能が搭載されていないPardot Editonの場合はPardotフォームの機能を使い、入力の手間を省く設計にすることもありです。

下記に✓をいれることで、アクティブプロスペクトには"メールアドレス"以外の項目は表示させずにコンバージョンさせることができます。("メールアドレス"は非表示にすることができません)

項目.jpg※フォーム項目のオプションについてはこちらをご参照ください

いかがでしたか?
面倒なフォーム登録のハードルを下げ、アクティブプロスペクトを増やす施策としてぜひ活用いただけたらと思います。ダイナミックコンテンツ機能を使用した活用例は<こちらのBlog>でもご紹介しています!

投稿者プロフィール
岡田麻美

岡田麻美(Mami Okada)アカウントサクセスマネージャー

eコマース業界の会社にてカスタマーサービス(SV)・販促営業・バイヤーを歴任。
マーケティングオートメーションに魅力を感じ、toBeマーケティングには2016年6月より参画。
既存顧客への定着化支援等を経て、現在は主に新規企業へのPardot導入をご支援中。


ページトップへ