Home » サービス » EFO(エントリーフォーム最適化)

EFO(エントリーフォーム最適化)

フォーム入力時のエラー発生や過剰な入力項目は、ユーザーにストレスや負荷をかけてしまい、フォームからの離脱、すなわちコンバージョンの低下へと繋がります。
MAPlus EFO(エントリーフォーム最適化)は、Salesforce Pardotに6つの機能を追加し、フォームのコンバージョンアップをサポート。
Pardotフォームだけでは無く、自社オリジナルフォームにも対応しています。

POINT

*Webサイトの構造によっては実装が難しい場合があります。

*ベースとなるレイアウトがレスポンシブ対応の場合に限ります。

EFO機能

機能1:確認画面の表示

Pardotの標準機能では、日本で慣習的に利用されている「確認画面」を表示させることはできません。
MAPlus EFOを使用することで、ユーザーは入力した内容を再度確認することが可能になります。

実装例:

機能2:入力アシスト機能

ユーザーが何を入力したらよいか迷うことが無いように、ガイドメッセージを表示させることができます。
入力形式を提示し、エラーを抑制することで、コンバージョンアップに繋がります。

実装例:

郵便番号
メールアドレス

機能3:入力例の表示

フォーム入力欄にあらかじめ「入力例」を表示させるプレースホルダー機能をPardotフォームに追加。これによりユーザーは一目で入力項目を正しく判別できます。

実装例:

会社名
部署名
役職

機能4:エラーハンドリング

Pardotフォームの標準機能には無い、様々なエラーチェックを実現します。入力データをリアルタイムにチェックし、エラーによる離脱を防止します。

実装例:

住所
(番地町名以下)

全角:10文字以内

機能5:カレンダー入力

生年月日をカレンダーから入力させたり、開始年・終了年を細かく設定するなど、Pardotのカレンダー入力機能を大幅に拡充させます。

実装例:

セミナー日程

機能6:郵便番号・フリガナ自動入力

ユーザーが郵便番号を入力すると都道府県・市区町村・地区名まで自動入力されます。名前を入力するとフリガナも連動して入力されます。

実装例:

郵便番号
都道府県
市区町村

料金プラン

項目価格(税抜)備考
初期費用
(3フォームまで)
200,000円/式 ※正式利用を開始された月の、月末付での請求となります。
※3フォームまで。以降、1フォームあたり30,000円追加。
月額利用料
(3フォームまで)
10,000円/月 ※年間契約となります。
※3フォームまで。以降、3フォームあたり10,000円追加。

参考価格

フォーム数初期費用月額利用料(年払)合計
2フォームの場合 200,000円 120,000円
(10,000円×12カ月)
320,000円
9フォームの場合 380,000円
(200,000円+180,000円)
360,000円
(30,000円×12カ月)
740,000円

※上記は税抜価格となります。
※ご契約の当月は、初期費用とご契約期間の月額利用料を請求いたします。
※お支払いは月末日締め翌月末日に当社指定の銀行口座への振込みとします。
※振込手数料は貴社にてご負担願います。


お問い合わせ・ご相談はこちら