ブログ
BLOG

開封率、クリック率を上げるためのメールコンテンツ要素の基本

author 嶋元 高明

date 2020.03.03

tags コンテンツマーケティング

tags 

近年デジタルマーケティングにおいてはWebサイト、SNS、セミナー(オンライン・オフライン含む)等様々な手段を用いて見込み顧客とコミュニケーションを図っている中でメールコンテンツによるコミュニケーションも重要性が再認識されています。

開封率アップのメールコンテンツ

今回はそのメールコンテンツに関しての基本的な要素とポイントを紹介します。メールコンテンツの要素は大きく分けて3つです。

  1. 件名
  2. 差出人
  3. 本文


1.件名における基本

メールの開封率に最も大きくかかわってくるのが件名です。件名の長さは25~30字程度を推奨。受け取り側のメールソフトにもよりますが長すぎると「...」と表示されてしまい、内容によっては受信者に意味が伝わらないままになってしまいます。ですのでメールの件名は内容を絞り端的に記載しましょう。

ご不明な点がございますか?高さ300

2.差出人における基本

差出人名には誰からのメールなのかがしっかりわかるように。差出人名は件名と並んで表示され開封率に影響を与えます。件名と合わせて「誰」が「何のために」このメールを送っているのかを明確にする必要があります。「誰」にあたる差出人には発行する母体の名称がつけられている場合が多いです。メールを受け取る相手に対して自分たちが何者であるのかしっかり理解してもらえる工夫をしましょう。


3.本文におけるポイント

メールのクリック率に関係しているのはもちろん本文です。件名で興味を持ってメールを開封したユーザーに対して詳細な情報を提供しつつユーザーのアクションにつなげます。Webサイトでコンバージョン(CV)率を上げるため考え方に「1コンテンツ1CTA」があります。

CTA(シー・ティー・エー)とは

CTAとは「Call To Action」の略であり、日本語では「行動喚起」と訳されます。Web上のユーザーに行動を喚起させるするためのテキストや画像に対して使われている用語です。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 見積もり依頼

等に対しての使われるリンクやボタンをCTAと呼びます。普通のリンクやバナーと異なる点はユーザーに明確な意思をもって「行動」してもらうという点です。


この「1コンテンツ1CTA」の考え方はWebサイトだけでなくもちろんメールコンテンツに関しても当てはまります。1つのテーマに絞ったコンテンツを用意してそれに合わせたCTAを用意することでメールコンテンツのクリック率、CV率を上げることができます。届けたい見込み顧客に届けたい内容を届けてアクションにつなげるためにコンテンツとCTAはセットで用意する必要があります。


まとめ

メールマーケティングにおけるKPIとして開封率やクリック率は非常に重要な項目です。
開封率やクリック率を少しでも上げるために「件名」「差出人」「本文」に気を配りメールマーケティングに取り組みましょう。

ご不明な点がございますか?高さ300

投稿者プロフィール
嶋元 高明

嶋元 高明(Takaaki Shimamoto)デジタルマーケティング部 コンサルタント

前職はWebコンサルティング会社にて約10年間SEO、アクセス解析を用いてのWebコンサルタントとして主にWebサイトの立ち上げやリニューアル等の企画、実施を担当。
その後マーケティング側からのセールス支援としてリード獲得を中心としたマーケティングオートメーション(MA)領域のコンサルティングに従事。
MAに必要不可欠なペルソナ、カスタマージャーニーマップの作成などマーケティング戦略の策定からコンテンツ制作のディレクションまでの全般を担う。
主に中小企業に対してのコンサルティングが中心でBtoB領域での実績としては製造業、IT関連BtoCでは不動産関連など。


ページトップへ