ブログ
BLOG

【使っていますか?Pardot Lightning】(3)Lightningで利用できる機能

author カスタマーサクセスエンジニアチーム

date 2020.04.06

tags Pardot

tags  Pardot 使い方, マーケティングオートメーション, 機能

【使っていますか?Pardot Lightning】の3回目です。
今回はPardot Lightningのインターフェイスだけで利用できる機能を紹介します!

前回までの記事はこちらです。
【使っていますか?Pardot Lightning】(1)LightningとClassicの違い
【使っていますか?Pardot Lightning】(2)Pardot Lightningの有効化

スニペット

機能概略

毎回定期的に開催するセミナーなどの準備の際、いままではメールテンプレート・フォーム・ランディングページをコピーし変更となるイベント名や開催日時の部分を編集して使用することが多かったかと思います。

Pardot Lightningで利用できる スニペット では、内容が変更となるパーツをスニペットで作成しておき、メール・フォーム・ランディングページに挿入します。次回開催時はメールなどをコピーする必要はなく、スニペット側で新しい開催日時とイベント名を書き換えることで、前回作成したメールテンプレート・フォーム・ランディングページに書き換えた内容が反映され、そのまま繰り返し使用することができます。

スニペット利用イメージsnipett_image.png

前提条件

  • Pardot Lightningのみ機能の利用が可能
  • Salesforceキャンペーンとの連携が有効化されている
  • SalesforceコネクターのバージョンがV2である
  • HMLタグが有効化されている(関連Blog記事

ヘルプ記事

マーケティングアセットのコンテンツの再利用

マーケティングデータ共有

機能概略

PardotとSalesforceの連携オプションで、新規作成されたリード/取引先責任者を「自動的にプロスペクトとして作成するか」を制御することはできますが、全リード/取引先責任者が対象であり、同期対象を特定の条件のレコードだけに絞ることができませんでした。その場合、特定のレコードだけを手動でPardotにインポートするなどの対応が必要でした。

Advanced Editionに限られますが、Pardot Lightningでは マーケティングデータ共有ルール の設定が可能です。リード、取引先責任者、商談、カスタムオブジェクトでそれぞれPardotと同期するルールを1つ設定でき、そのルールに当てはまるレコードだけがPardotに同期されます。

例えば、会社全体で1つのSalesforceを利用しているがPardotは製品Aを扱う部署だけが利用するなどのシーンで、このマーケティングデータ共有の機能が活用できます。

前提条件

  • Pardot Lightningのみ機能の利用が可能
  • 2019/2/12以降に購入またはアップグレードされたPardotアカウント
  • Advanced Edition

ヘルプ記事

マーケティングデータ共有

ビジネスユニット

機能概略

グループ企業やワールドワイドで共通のSalesforceを利用しており、そのうち複数の企業・拠点でPardotを利用したい場合、以前は1つのSalesforceアカウントに複数のPardotアカウントを紐づけて使用することがありました。

2019/2/12以降、Pardotアカウントは1つのSalesforceアカウントから払い出されるようになり、1:1の連携となりました。これもAdvanced Editionに限られた機能ですが、ビジネスユニット は1つのPardotアカウントをユニットに分割し、それぞれ独立して使用することができます。ユニットAとユニットBは、上記のマーケティングデータ共有ルールを使ってそれぞれの顧客データと同期します。

前提条件

  • Pardot Lightningのみ機能の利用が可能
  • 2019/2/12以降に購入またはアップグレードされたPardotアカウント
  • Advanced Edition

ヘルプ記事

Pardot ビジネスユニットの管理


Pardot Lightningだけで利用できる機能は現状それほど多くありませんが、今後はPardot Lightningのみを対象とした新機能リリースが増えてくることが考えられます。
今回の内容を参考に、少しずつPardot Lightningを使ってみてください!

投稿者プロフィール
カスタマーサクセスエンジニアチーム

カスタマーサクセスエンジニアチーム(Customer Success Engineer Team)

Pardotの初期セットアップに携わるカスタマーサクセスエンジニアチームでは、主にフォームSalesforceとの連携など設定関連のご支援を担当。エンジニアチームならではの視点で、今までの導入実績から得た技術面のTipsやナレッジ、検証結果などをご案内します。


ページトップへ