ブログ
BLOG

【使っていますか?Pardot Lightning】(1)LightningとClassicの違い

author カスタマーサクセスエンジニアチーム

date 2020.03.23

tags Pardot

tags  Pardot 使い方, 機能

Pardotの新しいUI、Pardot Lightningが登場して1年ほどが経ちました。
使い慣れている画面から新しいインターフェイスへはなかなか切り替えづらいものですが、ここ最近のリリースではPardot Lightningだけで使える機能も増えてきています。

ということで、何回かの記事に分けてPardot LightningとClassicの違いや、Lightningだけで利用できる機能、Lightningへの切り替え方法についてご案内したいと思います。

Pardot LightningとPardot Classicの違い

Pardot LightningはSalesforceとの親和性がより高く、Salesforceのプラットフォーム上で動作するのが特長です。

Pardot Lightning

  • Salesforceにログインし、Pardot Lightningアプリケーションを起動して利用
  • SalesforceとPardotの同時利用の際、横並びでシームレスに操作が可能
  • アプリケーションの利用にはSalesforceライセンスが必要
  • Salesforceのユーザ情報を使ってログイン

Pardot Classic

  • Pardotにログイン して利用(https://pi.pardot.com/
  • SalesforceとPardotの同時利用の際、それぞれにログインして操作
  • SalesforceライセンスがなくてもPardot単体ユーザして利用できる
  • Pardotのユーザー情報を使ってログイン(Salesforceのシングルサインオンも利用可)

ユーザーインターフェースの違い

Pardot Classic

各メニューは左側に表示されます。メニューに触れるとサブメニューが表示される形式です。

Classic.png

Pardot Lightning

まず上部タブからメニューを選択し、サブメニューが左側に表示される形式です。

Lightning.png

メニュー対応表

Pardot Lightningで上部タブを選択した時のサブメニュー対応表です。各タブには関連するサブメニューが集約されています。例えば「Pardotメール」タブには「ドラフト」、「テンプレート」や「セグメンテーションリスト」が集められています。そして、「セグメンテーションリスト」の機能は関連する複数のタブ(見込み客、Engagement Studio、Pardotメール)に表示されているといった点がPardot Classicと異なります。

対応表.png

各メニューへの遷移がClassicと異なるため初めは戸惑いますが、各メニューを開いた後の「メールテンプレート作成」や「リストの作成」などの操作は、Classicのときと変わりませんのでご安心ください。

よくある質問

Q. Pardot Lightningを設定したら、Pardot Classicは使えなくなりますか?

Pardot Lightningの有効化後も、LightningとClassicを併用することができます。Pardot Classicは、https://pi.pardot.com/ から「Log in with Salesforce」をクリックし、Salesforceユーザー情報を使ってログインします。

Q. Pardot Lightningへの切り替えはいつまでに行わなければいけませんか?

Pardot Lightningへの切り替えは任意です。必ずしも切り替えなければならないわけではありませんが、Lightningだけで利用できる機能も増えていることから、有効化しておくことをお勧めします。

Q. Force.comライセンスを使っています。Pardot Lightningは利用できますか?

残念ながら利用できません。Pardot Lightningの利用にはSalesforceライセンスが必要となります。

有効化のための事前準備

それではPardot Lightningの有効化に向けて準備していきましょう。

前提条件

Pardot Lightningの有効化は、以下の条件を満たしていることが前提です。

  • SalesforceでLightningが有効化されている
  • PardotとSalesforceがコネクターで連携されている

Pardot Lightningを使用するユーザの確認

Lightningアプリケーションの利用にあたり、ユーザプロファイルや各利用ユーザに適切な権限を付与する必要があります。事前に対象プロファイルとユーザを決定しておきましょう。

  • Lightningを利用するユーザプロファイル
  • Lightningを使用するユーザ

※Lightningを利用するにはSalesforceライセンスが必要となります。Force.comやPlatformライセンスの方は今まで通りPardot Classicを利用します。

SalesforceユーザとPardotユーザーの連携

Pardot LightningにはSalesforceユーザ情報を使ってログインします。スムーズにLightningが利用できるよう、ユーザ情報が連携されているか事前に確認することをお勧めします。Pardotのユーザ一覧を開き、下記のアイコンが表示されているユーザーは、連携されている状態であることを示します。

Lightning有効化00.png

アイコンが表示されていないユーザーは、いずれかの方法でユーザーを連携します。


次回はPardot Lightningの有効化手順をご紹介します。

投稿者プロフィール
カスタマーサクセスエンジニアチーム

カスタマーサクセスエンジニアチーム(Customer Success Engineer Team)

Pardotの初期セットアップに携わるカスタマーサクセスエンジニアチームでは、主にフォームSalesforceとの連携など設定関連のご支援を担当。エンジニアチームならではの視点で、今までの導入実績から得た技術面のTipsやナレッジ、検証結果などをご案内します。


ページトップへ