ブログ
BLOG

2021年2月から必須化!PardotのSalesforceシングルサインオン設定【パターン1】Sales CloudまたはService Cloudライセンス利用

author MAnavi事務局

date 2020.12.14

tags Pardot

tags  Pardot 使い方, Salesforce, Salesforce, toBeマーケティングの取り組み

このブログでは、2021年2月15日以降 Pardotアカウント単体ログインの廃止に伴い、すべてのPardotユーザをSalesforce のいずれかのユーザに対応付ける「シングルサインオン(SSO)設定」について解説します!

シングルサインオン

■Pardot シングルサインオン設定とは?

Spring '21 リリース (2021 年 2 月 15 日) 以降、Pardot 単体ユーザでのログインが廃止され、すべてのユーザは Salesforce シングルサインオン (SSO) を使用する必要があります。つまり、2021年 2月15 日までに Salesforce SSO が有効になっていない Pardot ユーザはすべて、Salesforce ユーザに接続されるまで Pardot にログインできなくなります。そのため、すべてのPardot ユーザはいずれかの Salesforceユーザと対応付けする必要があります。それが "シングルサインオン設定(SSO)"となります。

■Pardot シングルサインオン設定の対象者は誰?

Pardot ユーザは 下記2つのログイン方法のどちらかで Pardot にログインしています。

  1. Pardot ログイン情報を使用する直接ログイン
  2. Salesforce ログイン情報を使用するシングルサインオンによるログイン

現在、ユーザ設定に応じて、ログイン方法の一方、または両方を使用できています。ですが、2021 年 2 月 15 日にPardot ログイン情報を使用する直接ログインのサポートは終了するため、Pardot にアクセスするすべてのユーザが 「2. Salesforce ログイン情報を使用するシングルサインオンによるログイン」方法でログインすることを要求されます。つまり、「Pardot ログイン情報を使用する直接ログイン」しているPardot ユーザが、シングルサインオン設定(SSO)の対象となります!

▶Pardot ログイン情報を使用する直接ログインユーザの確認方法①


SSO (2).png

▶Pardot ログイン情報を使用する直接ログインユーザの確認方法②


SSO (3).png

■Pardot シングルサインオン設定はいつまでにすればいいの?

2021 年 2 月 15 日に、Pardot ログイン情報を使用する直接ログインのサポートは終了し、Pardot にアクセスするすべてのユーザには Salesforce ログインを使用するシングルサインオンが要求されます。なので、2021年2月15日までにはすべてのユーザが Salesforce ユーザに接続されている状態にしておきましょう!

■Pardot シングルサインオン設定 何をすればいいの?

【事前準備】

・設定には「SalesforceおよびPardotのシステム管理者権限」が必要です
・設定には「SalesforceおよびPardotへのログイン」が必要です
・設定には「Sales Cloud または Service Cloud のライセンス」が必要です
※Sales Cloud or Service Cloud ライセンスを取得できない場合「Identity ライセンス」を使用することができます

【設定の流れ】

ここから、Salesforceナレッジ記事「Pardot ユーザ移行管理ガイド」に沿って具体的な設定の流れをご案内します。

【手順➀】Salesforce-Pardotコネクタをアップグレードする

この手順はシングルサインオン(SSO)とは直接的に関係はないため、スキップいただくことができます。
※コネクターについてはヘルプ記事Salesforce-Pardot コネクターの v2 へのアップグレードに関する考慮事項」をご参照ください。


【手順②】PardotおよびSalesforceでのユーザレコードを作成する

●Salesforce 側ユーザ:
Sales Cloud または Service Cloudライセンスを付与したSalesforceユーザを新規作成 or 既存の該当ユーザを確認します

●Pardot 側のユーザ:
Pardotユーザを新規作成 or 作成済みPardotユーザ(単体ログイン)を確認します


【手順③】ユーザをマッピングし、Salesforce シングルサインオンを有効化する

該当ユーザを選択後、「ユーザを編集」をクリック

SSO01.PNG

[CRMユーザー名]項目で対応付けするSalesforceユーザを選択し、[ユーザを保存]をクリック

SSO02.PNG

[CRMユーザー名]の右に表示される[Salesforceシングルサインオンを有効化]をクリックし、「Salesforceシングルサインオンが有効」と表示されたら完了

SSO03.PNG

【手順④】Pardot ユーザへ変更を連絡する

●作成済みのSalesforceユーザをマッピングしたユーザ:
今までどおりの「Salesforce ログイン情報」でPardotにログインすることができます。

●新しくSalesforceユーザを作成しマッピングしたユーザ:
新規作成した Salesforce ユーザのメールアドレス宛に Salesforce から通知メールが届きます。通知メールが届いたら「アカウントの確認」からログインパスワードを設定します。Pardot へのログインはスタンドアロン Pardot アプリケーション (pi.pardot.com) から Pardot にアクセスし、[Salesforce でログイン] ボタンからログインします。

以上が、Pardot のSalesforce シングルサインオン設定(SSO)の流れとなります!


Sales Cloud または Service Cloud のライセンスを必要としない Pardot 専用ユーザのシングルサインオン設定(SSO)はどうしたらいいのかは、「2021年2月から必須となるPardot の Salesforce シングルサインオン設定(SSO)を解説!パターン②」のブログをご覧ください!

最後に...

弊社サービス「MAnavi」では、"Pardot を学ぶ・使う・活用する"をコンセプトにPardot 活用・定着化を支援するための、さまざま々なコンテンツをご提供しています。SSO設定に関する情報もMAnaviオンライン講座ではデモ画面も含めて解説!さらにマニュアルやFAQ、動画などでも詳しくご案内しています!またMAnaviの「お問い合わせ」から個別でのご質問にも対応しております。Pardot 導入後の運用・活用に関してお困りの方は「MAnavi」と一緒にPardot 活用・定着化を推進しませんか?ご興味のある方は弊社担当者までぜひお問い合わせください!

ご不明な点がございますか?高さ300

投稿者プロフィール
MAnavi事務局

MAnavi事務局(MAnavi secretariat)

Pardot 活用・定着化を支援する「MAnavi(マナビ)」では、Pardot を「学ぶ」「使う」「活用する」をコンセプトにtoBeマーケティングがこれまで培ってきたPardot の活用・定着化をサポートするさまざまなコンテンツをご提供しています。本ブログでは、Pardot・Salesforceの使い方やPardotユーザーからのよくあるご質問や、活用のためのワンポイントなどをご紹介します。


ページトップへ