ブログ
BLOG

Experience Cloudでパートナー企業向けコミュニティサイトのユースケース例

author マルチクラウドチーム

date 2023.01.19

update 2023.01.20

tags Salesforce

tags 

Main2.jpg

Salesforceが展開するサービスの1つに、Experience Cloudというサービスがあります。
CRMとして利用する上でSalesforceに蓄積される膨大なデータを、Salesforceを使わないユーザに対してWebサイト形式で公開するというものです。

前回、このExcperience Cloudで何が出来るかの概要をご紹介しましたので、今回はその実践編になります。

(参考:Salesforceのデータを最大限活用するWebサイトを構築する「Experience Cloud」とは?

仮想の顧客ニーズをもとに、Excperience Cloud上でどんなアプローチが出来るかユースケースを見立てて、イメージを持ってもらえればと思います。

それでは、行ってみましょう!

今回実践したいこと

Salesforceを利用しているクライアントから以下のリクエストがありました。


とある会社は電気製品メーカーとして、自社製品を企業や工場に販売するビジネスを行っています。

自社にも販売営業のチームを抱えていますが、販売地域が多岐にわたるため販売代理店(パートナー企業)に一部の業務委託を行っています。

今まで販売状況を週報としてExcelにて管理していましたが、パートナー企業の販売状況がリアルタイムで把握できず、正確な商品販売を捕捉したいと本社の営業チームは考えています。


パートナー向けASIS.jpg

現状の業務イメージを図式化するとこうなります。
Salesforceの外部の情報提供を最小限にとどめるためにExcelのフォーマットを使っていますが、この業務フローでは以下のような課題があります。


  1. データをわざわざExcelに加工してやり取りするため、本社と代理店でデータのやり取りにコストがかかる
  2. 毎週最新版のExcelデータが更新されるので、バージョン管理が非常に煩雑
  3. 情報の更新に大きなタイムラグがあるため、代理店の販売見込みなどの情報をリアルタイムで把握できない

以上のような、コミュニティコストになりうる要素がいくつもあり、またExcel管理による情報漏洩の可能性も否めません。よりスマートにかつ安全なやりとりを実現するため、Experience Cloudを使用してパートナーと自社の業務改善を考えると図のようになります。

パートナー向けTOBE.jpg

Experience Cloud上でSalesforce内の商談や商品情報をパートナー企業に共有することで、今までのExcel管理をすべてWebサイト上で完結させることが出来ます。
さらに、Salesforceの強力なアクセスコントロール機能を用いれば特定のフェーズにある商談情報だけを外部に提供したり、特定の商品情報だけをパートナー企業が扱えるようにするといった細かな共有設定も実現可能です。

なにより、すべての商談データがSalesforceに集約されているため、パートナー企業に共有されたデータの更新がリアルタイムで把握でき、レポート・ダッシュボードを使った集計が簡単に行えます。代理店側も、サイトにアクセスするだけで商談管理を行えるという業務効率化のメリットを享受することが可能です。

このように、パートナー向けにSalesforceの情報をExperience Cloud経由で共有する業務フローへ置き換えることで、データの一貫性の不安・業務の煩雑化・管理コストの問題を一挙に解決できます!

まだまだある!Experience Cloudパートナーコミュニティサイトで出来ること

ここまで、Experience Cloudを導入したことによるユースケース上のメリットを挙げましたが、さらに代理店にとって使いやすいサイトを実現できるExperience Cloudの機能をご紹介します。

①パートナー企業向けのレポート、ダッシュボードを参照可能。

ダッシュボードイメージ.png

自社で商談情報を集計するのと同様に、代理店側で扱う商談のフェーズや金額、やるべきタスクの進行状況など一目で把握できることで、視覚的に業務の理解や組み立てが行えるようになります。
Experience Cloudサイトでは、Salesforce側で作成したレポート・ダッシュボードをパートナー企業向けに共有することが出来ますので、Salesforceの強力なレポーティング機能をそのままパートナーユーザも使用することが出来ます。


②複数のパートナー企業に向けたブランドイメージをサイトで設定可能。

ブランドカラーイメージ.png

パートナー企業が複数存在しそれぞれロゴやブランドカラーが異なる場合もあると思われます。Experience Cloudサイトは利用者のプロファイル等の情報をもとに、サイトのレイアウトやブランドイメージを出しわけることが可能です。
例えば異なるブランドカラー、コーポレートロゴを持つ3つの代理店がいる場合、同じURLでそれぞれの代理店に基づいた三者三様のサイトを表示させることができます!
サイトを複数作る必要は一切ない為、サイトの一貫性も担保しており、メンテナンスも容易です。

最後に

Experince Cloudは今まで社外の方と行ってきたやり取りをよりスピーディーに、効率的に実現できる非常に魅力的なサービスです。
弊社toBeマーケティングではExperince Cloudサイト構築支援も承っております。
どんなサイトがもっとも効率的か、どんなワークフローを確立させ何を実現させたいか、お客様目線に立ってExperince Cloudのメリットを最大限に活かしたご提案をさせていただきます。

投稿者プロフィール
マルチクラウドチーム

マルチクラウドチーム(MultiCloud Team)

CRMとマーケティングオートメーションを組み合わせた導入支援のお手伝いをさせていただいているマルチクラウドチームが、Sales Cloud、Service Cloud、Experience Cloudに関する情報をお届けいたします。


ページトップへ