ブログ
BLOG

Pardotのスコアリング機能の上手な使い方、教えます!【第1回】

author マーケティングコミュニケーションチーム

date 2020.10.13

tags Pardot

tags  Pardot 使い方, テクニック, マーケティングオートメーション, マーケティングオートメーションツール, 機能, 運用

こんにちは、今日はPardotのスコアリング機能に関するお話です。

みなさんはPardotのスコアリング機能を上手く活用できておりますでしょうか?

スコアリング

スコアリングはお客様の行動に合わせて興味度合いを数値で可視化できるので、アプローチの優先順位をつけたり、興味分野を可視化するのに非常に便利な機能です。しかしその反面、導入当初から手を加えていない積み上がったスコアや、内訳が不明確なスコアなどの問題により、うまく活用できていないというお声も多く頂きます。

今回はそんなスコアリング機能の活用ポイントを、少しだけご紹介できればと思います。

スコアリング活用では、以下の3つのポイントを意識して運用することをお勧めします。

  1. シンプルに運用してみる
  2. スコアのリセットも視野に入れてみる
  3. 自社の勝ちパターンを反映させる(次回記事にてご紹介)

では、それぞれのポイントを詳しく解説していきます!

1.シンプルに運用してみる

過去のブログでもご紹介させていただきましたが、スコアが加点される条件を限定することで、「なぜその人のスコアが高いのか」を明確にすることができます。

<関連ブログ>Pardotスコアリングを簡単に活用するための設定

Pardot導入直後やこれまでのルールを一度見直すタイミングで、一度お試しいただきたい方法です。

2.スコアリセットも視野に入れてみる

スコアリセットは、Pardotの運用期間が長いお客様へお勧めしたい方法です。

「昔からいるリードは高スコアなんだけど、イマイチ商談化はしないんだよなぁ」、「ここ1週間でスコアが急激に上がった人が知りたい!」なんてこともありますよね。そんな時は、Pardotのスコアを定期的にリセットしてみてはいかがでしょうか。

ここでは例として自社サイトに3ヶ月以上訪問がない人のスコアをリセットしたい場合の方法をご説明いたします。

①まずはカスタム項目で日付項目を作成します。

ブログ用カスタム項目

②続いて、ページアクションを設定します。完了アクションで先ほど作ったカスタム項目の値を「Submission date」へ変更させます。

ブログ用ページアクション

③最後にオートメーションルールの設定です。

[ルール]で先ほどの「カスタム項目の日付が90日以上前」、[アクション]で「スコアを0」に変更させましょう。

ブログ用

これで完成です。簡単ですよね!

しかし、この方法を使うと、これまで積み上げたスコアはクリアされ、元に戻すことはできないので注意が必要です。そのほかの注意事項は下記ナレッジベースをご確認ください。

<関連記事>Pardot でのプロスペクトスコアの 0 へのリセット

もし、直近のスコアとこれまでの累計スコアを両方使用したい!という場合は、是非、弊社にお問い合せください。両方使うと、こんな運用が可能になります。

  • 直近1週間のスコア上昇値が一定を超えたユーザーにナーチャリングメールを送信 or インサイドにパス
  • セミナー参加後、スコア上昇値が一定を超えた見込み客をアタックリストに追加

興味がある方はぜひこちらからお問い合わせください。

ご不明な点がございますか?高さ300

おわりに

いかがでしたでしょうか。簡単な様で実は奥が深いスコアリング、この記事が皆様のマーケティング活動のお役に立てれば幸いです。

次回は、今回説明できなかった「3. 自社の勝ちパターンを反映させる方法」をお届けいたします。

今回の記事でご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール
マーケティングコミュニケーションチーム

マーケティングコミュニケーションチーム(Marketing Communication team)

マーケティングオートメーションの導入・活用支援を提供するtoBeマーケティングの自社マーケティングチームが、MA導入検討者様にお伝えしたい「マーケティングオートメーションの魅力や関連情報」をお届けいたします。


ページトップへ