イベント・セミナー
Event / Seminar

\Pardot徹底活用/ 1600社以上にPardotを導入いただいて見えてきたPardot周りのデータ連携 〜知らないと損する3つのポイント〜

 

蓄積されたマーケティングデータをもっと活用しませんか?

マーケティング系の報告データ、実はまだエクセルで作成している...という方も多いのではないでしょうか?
そうなのです。Pardotは多機能であるがゆえに、十分に活用するには学習時間も含めて多くのリソースがかかります。
なので、蓄積されたマーケティングデータの見える化や、営業部門との連携にはエクセルやスプレッドシートが活用されている現状をよくお伺いします。
しかし、お忙しいPardot担当者・責任者としては「なるべく自動で、手間をかけずに、欲しいデータをパッと確認できるようにしたい!」のが本音。

そこで、toBeマーケティングでは、「MAPlus アクティビティコネクター」というデータ連携サービスをご用意しております。
「MAPlus アクティビティコネクター」を使えば、日々のマーケティング施策にて蓄積されたアクティビティは都度キャンペーンメンバーとして連携したり、エクセルなどにまとめて共有することなく自動でSalesforceに連携され、Salesforceの中で営業が自身で状況を確認できるようになります。
定点観測するような情報はダッシュボードやレポートにまとめることもでき、もうエクセルやスプシで加工して...の手間はかかりません!

また、toBeマーケティングでは、Salesforceの画面カスタマイズや、B2B Marketing Automationにおけるダッシュボードのカスタマイズも支援可能!御社独自の画面を作って運用を最適化することができます。

本セミナーでは、実際にtoBeマーケティングが実践しているPardot周りのデータ連携事例をご紹介しつつ、皆さまの運用改善におけるヒントをご提供できればと考えています。

※Pardotは製品名がMarketing Cloud Account Engagementに変更されております。


こんなセミナーです

  • Pardotを導入後の課題と、効果を体感しづらい理由は?
  • Pardotユーザ必須の「MAPlus アクティビティコネクター for Pardot」のご紹介
  • 実際の運用シーンから紐解くダッシュボードやレポートの事例紹介
  • Salesforceの画面で業務が完結する運用モデルのご紹介
  • 効果を定点観測するためのダッシュボード活用事例紹介
  • これからの現場で活きるデータ活用シーンの拡大紹介
  • B2B MAライセンスだけで運用できるWeb分析ダッシュボードのご紹介


こんな方におすすめです!

  • Pardotのレポートをカスタムできなくて困っている
  • Pardotに溜まっているデータをもっと活用したい
  • 自社HPを閲覧している企業を知りたい
  • 特定のサービスページを閲覧している属性別レポートなどを作りたい
  • 見込客を営業へ引き渡しているが、イマイチ反応が薄い
  • プロスペクト軸だけでなく、企業軸、コンテンツ軸でも効果測定が必要だと思っている

※「MAPlus アクティビティコネクター」について、以前下記のセミナーを開催し大好評をいただきました。もしセミナー動画をご希望の方は担当営業かセミナー運営担当までご連絡くださいませ。
GoogleアナリティクスやPardotアクティビティのかゆいところに手が届く! 本当に見たいレポートを簡単に作成する方法 〜人軸/ページ軸/企業軸などでWEB行動を可視化〜

==登壇者情報==

「導入支援を重ねたtoBeマーケティングが語るAccount Engagement最新運用事例」
<講師>
toBeマーケティング株式会社
事業企画部 サービス企画 小井土 修也

※内容は予告なく変更になる可能性がございます。
本セミナーは、事前収録となります。リアルタイムでの質疑応答はございませんのでご了承くださいませ。

セミナー概要

タイトル \Pardot徹底活用/ 1600社以上にPardotを導入いただいて見えてきたPardot周りのデータ連携 〜知らないと損する3つのポイント〜
主催 toBeマーケティング株式会社
日時 2022年2月14日(火) 11:00〜12:00
会場 本セミナーはオンラインセミナーとなり、Zoomウェビナーを使用して実施します。
お申込み後、当日までに、Zoomの登録URLをお送りしますので、メール内の手順に沿って参加登録をお願いいたします。
内容 アジェンダ
1.toBeマーケティングができること!
2. Account EngagementとMAPlus アクティビティコネクターができた簡単な成り立ち(今までの活用と合わせて)
3. Account Engagementが活用できない課題(ツールとしての分担、業務にあったカスタイズの必要性)
4. MAPlus アクティビティコネクターの必然性
5. 活用レベルを上げるコツと具体的なデモ
6. ご利用いただくためにお伝えしたいこと

※内容は予告なく変更になる可能性がございます。ご了承ください。
対象 Pardotを利用されていてさらに活用を広げたいとお考えの方

<注意事項>
・一社複数名でご参加の場合、お一人ずつフォームでお申込みください。
・定員に達し次第、予告なく受付を締め切らせていただく場合がございます。
・お申込みが所定の人数に満たない場合、延期もしくは中止することがございます。
同業他社様/競合他社様のお申込みはお断りしております。
参加費 無料

※開催日3日前までに3人以上の申込がない場合は中止することがございます

以下のフォームよりお申し込みください

ページトップへ