ブログ
BLOG

【新機能】オプトアウト項目の上書き

author 樋口淳子

date 2019.01.21

tags Pardotの活用を促進するためのPardot活用Tips

tags  Pardot, テクニック

Blog_header_1:7(樋口).jpeg

こんにちは、アカウントサクセスマネージャーの樋口です。

今回はPardotの新機能として「オプトアウトを上書きできるコネクタオプション」が追加されましたので、こちらに関してご案内したいと思います。

.

オプトアウトを上書きできるコネクタオプションとは?

PardotとSalesforceCRMを連携することでプロスペクト項目とリードまたは取引先責任者の項目が1:1の関係になることは皆さんご存知ですよね?

MAを駆使するために絶対必要なこの機能ですが、1点だけ大きな問題がありました。CRMと同期された配信停止(オプトアウト)済みのプロスペクトを、送信対象(オプトイン)に戻すためにPardotまたはSalesforceCRMの画面から手動でチェックを外しても2分に1回の同期後、チェックが復活してしまい送信対象(オプトイン)の状態に戻すことがこれまで困難でした。

これは、空白で上書きすることができないというSalesforceの仕様によるものでした。

そのため、これまではtoBeマーケティングがご支援する初期セットアップではオプトアウト項目はSalesforce連携をあえて解除していました。しかし、ついにPardotの新機能としてオプトアウトを上書きできるコネクタオプションが追加されましたのでご案内したいと思います。

.

.

◆Pardotの設定箇所


①まずはPardot側の設定です。

Pardotメニュー : 管理 > コネクター

設定>管理.png.

コネクター:Salesforce.comの⚙マーク > 編集

樋口_コネクター設定画面②.png

.

コネクター設定をカスタマイズ:

「[プロスペクトオプトアウト済み] 項目を上書き」チェックボックスにチェックを入れ、コネクターを保存

樋口_コネクター設定画面_③.png

.

②次にPardotの設定項目を設定します。

メニュー:管理 > 設定項目 > プロスペクト項目

Blog_樋口_プロスペクト項目.png

デフォルト項目:Opted Out をクリック

編集画面へ (表示されない場合は検索してみてくださいね!)

Opted out.png

.

右上の「デフォルトプロスペクト項目を編集」をクリック

Opted out 編集画面.png

「Salesforce.com項目名」に「デフォルト-オプトアウト(HasOptedOutOfEmail)」を設定し、

「デフォルト項目を保存」で保存

Salesforce_項目を設定.png

以上で設定は完了です。※Salesforce側の設定はありません。

この設定をすることで、オプトアウト済みのプロスペクトをオプトインに戻すことが可能です。

オプトインに戻す方法は2パターンあります。

.

◆Pardotの設定箇所


プロスペクト概要の追加項目「Opted Out」のチェックを外す。

これだけでオプトインに戻すことが可能になります。

Pardotメニュー: プロスペクト > プロスペクトリスト > Opted Outを外したいプロスペクトを表示

> プロスペクト概要 > 右上の編集をクリック > ー追加の項目を開く

> Opted Outのチェックを外す > プロスペクトを保存

Opted out_樋口.png

.


◆Salesforceの設定箇所


リードまたは取引先責任者の項目で編集 >「メール送信除外」のチェックを外す > 保存

メール配信除外.png


とっても簡単なことなのですが、今までこれができなかったので、Pardotのプロスペクト画面とSalesforceの取引先責任者の画面をどちらも準備して、2分に1回の同期のタイミングを見計らって「いっせーのーせ!」でチェックを外し、保存して、2分待って、変更できたか確認し、ダメだったら再度やり直す....

という非常に面倒な作業が必要でした。

もうこれからはコネクタのオプション設定をするだけで、簡単にオプトイン出来るようになりました!

.

是非みなさんも設定してみてください。

.

【補足】


「メール送信除外」と「プロスペクトオプトアウト済み」の違いを参考までにご紹介しておきます。

.

◆メール送信除外

「メール送信除外]」項目を選択すると、Pardotメールを今後すべて受信しなくなります。

※デフォルトでは Salesforce 項目にマッピングされていません。

┗プロスペクトのレコードで [メール送信除外] がオンになるのは次のような場合です。

  

  ・プロスペクトにハードバウンスがあるか、ソフトバウンスが 5 回ある。

  ・プロスペクトがオプトアウト済みとしてインポートされる。

  ・プロスペクトが Salesforce でオプトアウトされる。

  ・プロスペクトが Pardot で手動でオプトアウトされる。

.

◆プロスペクトオプトアウト済み

[プロスペクトオプトアウト済み] 項目を選択すると、Pardotメールをほとんど受信しなくなります。

※自動応答メールとオペレーショナルメールを受信します。

※デフォルトでは Salesforce 項目にマッピングされています。

┗プロスペクトのレコードで [プロスペクトオプトアウト済み] 項目がオンになるのは次のような場合です。

  ・プロスペクトが、Pardot のメールまたはメールプリファレンスページで登録解除リンクをクリックする。

  ・プロスペクトがメールをスパムとして報告する。

  ・プロスペクトがオプトアウト済みとしてインポートされる。

  ・プロスペクトが Pardot で手動でオプトアウトされる。

投稿者プロフィール
樋口淳子

樋口淳子(Junko Higuchi)アカウントサクセスマネージャー

株式会社リクルートにてホットペッパービューティの立ち上げ期に営業企画を担当、クライアントの課題解決に従事、その後バリューコマース株式会社にてポイントモールの開発から立ち上げ、運用に従事。2017年11月にtoBeマーケティングに入社。営業企画の経験を活かしスモールビジネス、スタートアップ向けのPardotの初期セットアップを中心にCRMの初期導入も対応している。


ページトップへ