ブログ
BLOG

社内リストへのアクセス権限を分けてメール配信する方法

author 岡田拓也

date 2018.11.28

tags Pardotを活用するための施策立案

tags  Pardot 使い方, Pardotの活用事例, テクニック

1127_岡田_Blog_Header.jpeg

こんにちは、toBeマーケティングの岡田 拓也です。
今回は、社内リストへのアクセス権限を分けてメール配信する方法についてお伝えいたします。

例えば、同じ会社内でも、
・支店が分かれていてA支店の顧客情報をB支店で閲覧させたくない

・メール配信対象として選択できないようにしたい

といったニーズはありませんでしょうか。この設定により、メールの内容とは異なる顧客への誤配信を防ぐことも可能です。

設定方法について

設定は簡単!下記3ステップで設定できます。

①ユーザー権限のカスタマイズ 

②ユーザーグループの作成 

③フォルダの権限分け

.

1) ユーザー権限のカスタマイズ

 以下の内容にカスタマイズしたユーザー権限を作成

 ◆管理 > ユーザー管理 >ロ ール

岡田さんBlog挿入画像.png

2) ユーザーグループの作成

各支店用のユーザーグループを作成し、各支店のメール配信を担当するユーザーにグループを割り当て

 ◆管理 > ユーザー管理 > グループ

ユーザーグループを作成します(この場合はA支店など"支店名"を作成)

 ◆管理 > ユーザー管理 > ユーザー

作成したユーザーグループ(A支店)に該当自社ユーザーを選択し、プルダウンにてユーザーをグループに追加します。

3) フォルダの権限分け

各支店用のフォルダを作成し、配信リスト、メールテンプレートなどをフォルダーに格納し、さらに各フォルダーへのアクセス許可を 2)のユーザーグループに割り当て

 

 ◆マーケティング>フォルダー  

フォルダーを選択し、南京錠の鍵マークをクリック

支店フォルダ.png

南京錠の鍵マークをクリック後、下記にてフォルダーへユーザーグループを割り当てることができます。

A支店フォルダ.png

設定は以上となります。

このような設定を各支店に行うことでA支店のユーザーは、A支店のフォルダ内のメール及びリストが閲覧可能となり、

さらに、自身が割り当てられていない情報にはアクセスできない設定となります、

他支店のリストに誤って配信するといったリスクを回避できるようになります。

(※利用できるエディションが限られておりますので、本機能を活用されたい場合は担当までご相談ください。)

まとめ

今回は支店を例にお伝えいたしましたが、組織によって部署、支店など利用するケースは様々あるかと思います。

会社内といえど情報を分けて利用したいといった際にはぜひ活用ください。

投稿者プロフィール
岡田拓也

岡田拓也(Takuya Okada)アカウントサクセスマネージャー

広告代理店、システム開発会社等を経験した後、個人事業主として海外企業と共同でマーケティングオートメーションを開発。日本企業向けにローカライズ作業を行い、リリースまでを手がける。
toBeマーケティングでは、これまでのIT経験とマーケティングオートメーションの知識を活かし、Pardotの初期セットアップからマーケティングコンサルタントとして従事している。


ページトップへ