ブログ
BLOG

PardotとSalesforceを活用した効率的なセミナー運用方法とは

author 斎藤 和稔

date 2020.02.27

tags Pardot

tags  Salesforce, Salesforce, セミナー/展示会, 活用Tips

こんにちは。今回はPardotとSalesforceを活用したセミナーの運用施策をご紹介します。

スクリーンショット 2020-02-18 12.55.03.png

自社でセミナーを行い、新規リードを獲得したり、既存顧客向けのフォローアップを行っている企業様も多いかと思います。

弊社もお客様のセミナーのご支援をさせて頂くことも多いのですが、こういったお声や課題もよくお聞きします

  • 準備で手が回らない。人力で何とか回している。
  • 御礼メールを送るのみでその後のフォローができていない。
  • 営業にパスしてからの進捗が追えていない。
PardotとSalesforceを組み合わせることで、効率的にセミナーの運営からフォローメールまで運用することができるのです!ポイントとしては下記3点です。

ご不明な点がございますか?高さ300

①Salesforceのキャンペーン管理を使う

seminar-small-screen.png

過去に誰が、いつ、どのセミナーに参加したのか履歴管理することが可能です。

申込、参加、欠席、キャンセルなども管理できるため、状況の見える化、状況に応じた施策を実施することもできます。

②告知メール、リマインドメールの自動化

メール.jpg

漏れがちな告知メール、リマインドメールも事前に設定しておくことで自動で配信することが可能です。

③フォローメールの自動化、ナーチャリング

a99fc391632dbc12e136a635dc2c7eeb_m.jpg

エンゲージメントスタジオでフォローメールの自動化、ナーチャリング活動を自動化することができ、案件創出に繋げることができます。

まとめ

SalesforceとPardotをうまく組み合わせることで、開催からフォローに至るまで一元的に管理することができます。

弊社でもお客様に合わせたセミナー運用のご支援をしておりますので、お気軽にご相談ください。

ご不明な点がございますか?高さ300

投稿者プロフィール
斎藤 和稔

斎藤 和稔(kazutoshi Saito)デジタルマーケティング部 コンサルタント

新卒で大手国内ベンダーのSEとしてシステム開発に従事。
その後、10年にわたりCRM業界でCRM、SFA、メール配信システム、MA の営業、導入コンサルを行う。オンライン、オフライン問わず、幅広く企業のマーケティングを支援。


ページトップへ