ブログ
BLOG

中小企業がマーケティングオートメーションを導入するメリット4つ

author マーケティングチーム

date 2019.02.01

tags マーケティングオートメーション

tags 

握手を交わすビジネスパーソンたち

「マーケティングオートメーション(以下MA)ツールは大企業のもの」というイメージが先行しています。このイメージが原因で、導入に踏み切れない中小企業のマーケティング担当者もいるのではないでしょうか。しかし、MAツールの機能の中には、中小企業の売上向上に役立つものも少なくありません。

ここでは、中小企業がMAツールを導入した場合、具体的にどのようなメリットを得られるのかを解説していきます。

中小企業がマーケティングオートメーションを導入するべき理由

打ち合わせをする男性たち

中小企業では実現が難しかった、高度なマーケティング活動を可能にするのが、MAツールの特徴です。中小企業がMAを導入するべき理由は大きく分けて2つあります。

必要以上に人的コストがかからない

MAを導入すれば、定期的な業務や頻雑なマーケティング作業の一部を自動化できます。管理工数は確実に減るため、少人数による効率的なマーティング活動が可能に。人的コストの削減を目指している中小企業にとっては、大きな助けになるでしょう。

マーケティング活動の可視化ができる

MAを活用すれば、見込み客情報の一元管理から商談までの流れを可視化することができます。

  • 自社のウェブサイトに訪れたタイミング
  • 閲覧したページ
  • 各ページの滞在時間
  • 反応したメールの種類

上記のようなユーザーの行動も可視化できるため、詳細なデータを蓄積すれば、中小企業では難しかった複雑なマーケティング活動が実現します。

中小企業がMAを導入するメリット4つ

グラフが写し出されたパソコン

ここでは、中小企業がMAツールを導入した場合の主なメリットを4つ紹介します。

メリット1:Webサイトの効率的な改善ができる

MAツールにはWeb解析機能があるので、自社サイト上における見込み顧客の詳細な行動を把握できます。ユーザーの滞在時間や導入元ページの分析をして問題点を可視化すれば、自社サイトのデザインやコンテンツ内容の効率的な改善に役立ちます。

メリット2:競争力の強化に繋がる

他社に先駆けてMAを導入して、低コストでハイパフォーマンスなマーケティング戦略を展開することによって、競争力を大幅に強化できます。なお、MAは普及しつつありますが、実際に導入している企業の割合は10%以下(※)というのが現状です。

※エムタメ:MAの認知度調査

メリット3:見込み顧客情報を活用できる

MAを導入すれば、セミナー参加者や資料の請求をした見込み顧客の行動履歴を社内で共有できるようになります。適切な営業のアプローチやメール配信のタイミングを見込み顧客の行動履歴に合わせられるため、より効率的な営業活動が行なえます。

中小企業は大企業に比べるとどうしても情報量が少なくなってしまうため、MAツールの機能を使った保有情報の活用は重要です。

メリット4:自社セミナーの管理を効率化できる

セミナー開催の案内メールや参加後のお礼メールなど、見込み顧客との効率的なコミュニケーションにMAツールを活用できます。人的リソースの確保が難しい中小企業にとって、セミナーの開催数や参加者の増加による管理の手間軽減は大きなメリットになるでしょう。

中小企業に欠かせないマーケティングオートメーションの機能3選

スマホを操作するビジネスマン

MAツールには多彩な機能がありますが、そのなかでも、中小企業のマーケティング活動に欠かせない機能が3つあります。

顧客管理機能

見込み顧客のデータを一元管理できる機能です。ニーズや業種、役職といった項目別の絞り込みに加えて、購入検討の可否や展示会参加の有無などの多彩なタグによる絞り込みにも対応しています。

フォーム作成機能

MAツールには、簡単に入力フォームが作成できる機能があります。機能の利用は難しくありませんが、ユーザー側の視点に立ったフォームの作成が重要です。各入力項目は必須なのか任意なのか、情報入力は気軽にできるのかなど、細かい工夫が最終的な成果に影響を与えます。

サイト滞在時間の長さがコンバージョンに結びついていない場合、入力フォームの見直しで改善されるケースも少なくありません。

メール配信機能

MAツールで管理している見込み顧客に対して、一斉にメールを配信できる機能です。配信日時や見込み顧客の抽出条件を細かく指定すれば、より効率的なメール配信が可能になります。配信後の開封率もチェックできるため、顧客の細かいニーズを読み取れば、新たなシナリオの作成にも活用できるでしょう。

マーケティングオートメーションは大企業のためのものではない

大手企業中心に導入が始まったMAツールも、近年では中小企業の関心が高まっています。しかし、MAツールは導入すれば終わりではありませんし、必ず売上向上に結び付くわけでもありません。

導入を成功させるためには、自社の戦略に適したMAツールの選択が重要です。「MA導入ありき」ではなく、「やりたいこと」を明確にし、各機能の特徴を理解したうえで、MAツールの活用方法を検討をしていきましょう。

投稿者プロフィール
マーケティングチーム

マーケティングチーム(Marketing Team)

マーケティングオートメーションの導入・活用支援を提供するtoBeマーケティングの自社マーケティングチームが、MA導入検討者様にお伝えしたい「マーケティングオートメーションの魅力や関連情報」をお届けいたします。


ページトップへ