ブログ
BLOG

マーケティングオートメーションの機能とは?3つのポイントで解説

author マーケティングチーム

date 2019.03.01

tags マーケティングオートメーション

tags 

オートメーションを指すビジネスウーマン

マーケティングの人的な作業を自動化することで、効率アップに有効なマーケティングオートメーション。ルーチンワークに時間を取られていることに悩む企業にとって魅力的なツールです。

具体的にはどんな業務が自動化できるのか気になりますよね。本記事では、マーケティングオートメーションで活用できる機能と効果をご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

マーケティングオートメーションの機能①マーケティングの効率化

最初にご紹介するのは、マーケティング業務を効率アップするために有効な機能です。手作業で多くの時間を費やしている業務を自動化することで負担を軽減します。

打ち合わせをするビジネスパーソンたち

顧客に適したメールマーケティング

手動でメールを作成し多くの顧客に配信するのは手間がかかる作業です。本来は、Webサイトを訪れた見込み顧客一人ひとりに合わせて、興味や関心がありそうな情報を提供するのがマーケティングの理想形。

展示会やセミナーの案内、新商品の情報などのメールを適切なタイミングで配信できれば、商談成立のチャンスにつながります。マーケティングオートメーションツールを導入すると、事前にメールやタイトルを複数準備し、条件に沿って配信するようにセットしておくことが可能に。顧客の行動に合わせたメールマーケティングが実現できるのです。

セミナーやアンケートなどのフォーム作成

新規顧客を開拓するために有効なのがセミナーやアンケートですが、フォーム作成に時間を要するのが難点。マーケティングオートメーションには簡単にフォーム作成ができる機能が搭載されています。

マウスでの操作や簡単なテキスト入力のみでフォームの作成が完了。テンプレートに保存しておけば、数回に分けて開催されるセミナーなどに活用できます。専門知識がなくても短時間でフォーム作成が可能です。

シナリオ機能による顧客への自動対応

ユーザーがショッピングカートに商品を入れたものの、購入に至らないケースは少なくありません。そのまま放置しておくと見込み客を逃してしまいますが、マーケティングオートメーションでは、シナリオ機能が活用できます。

たとえば、翌日にリマインドメールを送付したり、ディスプレイ広告を出したり、シナリオ化によってマーケティングを実施。反復作業となるオペレーションを自動化することで作業の効率がアップします。

マーケティングオートメーションの機能②見込み客の管理

次にご紹介するのは、見込み客の管理機能です。手動では難しい見込み客の管理もマーケティングオートメーションで自動化できます。

パソコンを見るビジネスマン

見込み客の抽出・分類による絞り込み

膨大な顧客データのなかから、商談成立に結びつきそうなターゲットを判断することは、商談成立への第一歩。手動では難しい見込み客の管理もマーケティングオートメーションで自動化できます。

たとえば、ファミリー向けの商品に単身者はターゲットに適しません。顧客の属性情報をもとにセールスのターゲットとなるかどうかを判定し、見込み客を抽出します。

見込み客のスコアリング・育成

見込み客を抽出したら、次におこなうのがスコアリングです。マーケティングオートメーションでは、トラッキング機能やスコアリング機能によって見込み度合いのランキング付けも可能。

メールシナリオ機能によって、タイミングと要望を考慮したアプローチをおこない見込み客を育成していきます。

見込み客のリスト化や行動分析

マーケティングオートメーションの機能を使うと、顧客がいつWebを訪れて、どのページをどれくらいの時間見ていたか詳しく確認することが可能です。メールの開封状況やクリック状況もデータ化できます。

データを分析し、見込み度合いに応じてリストを作成。精度の高い情報を営業に引き渡せます。

マーケティングオートメーションの機能③顧客データの管理

最後にご紹介するのは、顧客データの管理機能です。マーケティングオートメーションでは、どのようにデータを活用することができるのでしょうか。

虫眼鏡を持つ男性

アクセスログの分析による顧客の特定

マーケティングオートメーションでは、Webサイトを訪問した顧客の行動履歴が取得できます。閲覧したページや見ていた時間をはじめ、着地したページ、サイトの遷移、流入元となったページや流入回数が取得可能。

また、IPアドレスの解析により、企業名や業種、電話番号、資本金など多くのデータも取得できます。顧客を特定し行動履歴をチェックすることが可能です。

顧客の行動履歴も記録するリード管理

マーケティングオートメーションにはリード(見込み客)管理機能が備わっています。基本情報はもちろん、過去の商談状況や購買意欲を記録。展示会を訪れたりセミナーに参加したり、時系列で行動が記録できる機能です。
リード管理機能で記録された情報をもとにニーズを予測。マーケティング活動に役立てられます。

顧客に関わるセミナー業務を自動化

セミナーを開催することはマーケティングの有効手段。とはいえ、告知ページや申し込みフォームの作成、参加者のリスト作成、確認メールなど細かな作用が多くセミナー業務は人手がかかります。

マーケティングオートメーションには、人手がかかる業務を自動化した運用の実現が可能です。作成業務や配信業務だけでなく、見込み顧客の行動を解析し育成へとつなげます。

マーケティングオートメーションの機能を上手に活用しよう

ご紹介してきたように、マーケティングオートメーションには便利な機能が多数備わっています。人手を取られていた業務を自動化することで、効率が格段にアップ。有益で高精度な情報を提供し、ビジネスチャンスの拡大につながるマーケティング活動を実現できます。

見込み客の行動を把握できるので、重要な変化も見逃さずに自動でキャッチ。通知機能と併用すれば、チャンスロスを防ぐことも可能です。マーケティングオートメーションの機能を熟知して、最大限に活用しましょう。

投稿者プロフィール
マーケティングチーム

マーケティングチーム(Marketing Team)

マーケティングオートメーションの導入・活用支援を提供するtoBeマーケティングの自社マーケティングチームが、MA導入検討者様にお伝えしたい「マーケティングオートメーションの魅力や関連情報」をお届けいたします。


ページトップへ