ブログ
BLOG

始めようB2B Marketing Analytics

author 佐々木忍

date 2018.09.04

tags Pardot

tags  BI, アナリティクス

始めようB2B Marketing Analytics

はじめに

みなさんこんにちは、アカウントサクセス部の佐々木です。

早速ですが、”Pardotで取得したデータの分析・活用はうまくできていますか?”
マーケティング施策の効果測定の数値化ってなかなか難しいですよね。
今回からシリーズで、B2B Marketing Analyticsをはじめとするデータツールの使い方や分析のコツをお届けしたいと思っています。

第一弾は、新しいPardotライセンスのPlusとAdvancedについてくるB2B Marketing Analytics
という分析ツールの初期設定についてご紹介です。*

B2B Marketing Analyticsご利用の場合は、Salesforceライセンスが1ライセンス以上必要です。
B2B Marketing Analyticsは、旧ライセンスの場合オプションでセットすることが可能です。

設定方法

Ⅰ.Salesforce側の設定

◆Analytics の有効化

  1. 設定 >クイック検索「Analytics」> Analytics > 始めましょう にアクセスします。
  2. Analyticsの有効化ボタンをクリックします。

複製の有効化

  1. 設定 > クイック検索「Analytics」> Analytics > 設定 にアクセスします。
  2. 一番上 複製を有効化 にチェックをつけます。
  3. また、以下の値についてもチェックがついていることを確認してください。
  • Wave ダッシュボードデザイナを有効化
  • Wave ダッシュボード保存済みビューを有効化

Salesforce側の設定

コネクターユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与

  1. 設定>クイック検索「権限セット」>ユーザ>権限セット にアクセスします。
  2. 新規ボタンをクリックします。
  3. 以下の内容で権限セットを作成します。
    ・表示ラベル:Analytics の管理 ※任意の名称可
    ・API参照名:AnalyticsAdmin ※任意の名称可
    ・ユーザーライセンス:なし
  4. 保存ボタンをクリックします。
    コネクターユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与
    .
  5. 権限セット>システム権限>編集
    ・Analytics の管理:チェックを入れて保存
    コネクターユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与
  6. 割り当ての管理からPardotのコネクタユーザに権限セットを割り当てします。

.

インテグレーションユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与

    1. 設定>クイック検索「ユーザ」>ユーザ>ユーザ にアクセスします。
    2. ユーザ インテグレーションのプロファイルが、「Analytics Cloud Integration User」
      となっていることを確認します。
    3. 「Analytics Cloud Integration User」プロファイルの「キャンペーンインフルエンス」に
      チェックが入っていることを確認します。
      インテグレーションユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与
    4. 「Analytics Cloud Integration User」プロファイルの以下のオブジェクト項目の
    5. 項目レベルセキュリティを「参照可能」に設定します。
    • 行動オブジェクト — [種別] 項目
    • 取引先責任者オブジェクト — [リードソース]、[Pardot グレード]、および [Pardot スコア] 項目

ユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与

Salesforce>設定>クイック検索「権限セット」>ユーザ>権限セット にアクセスします。

  1. 新規ボタンをクリックします。
  2. 以下の内容で権限セットを作成します。
    ・表示ラベル:Analytics ユーザ ※任意の名称可
    ・API参照名:AnalyticsUser ※任意の名称可
    ・ユーザーライセンス:なし
  3. 保存ボタンをクリックします。
    ユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与
  4. 権限セット>システム権限>編集
    ・Analytics の使用:チェックを入れて保存
    ユーザーへの B2B マーケティング分析アクセス権の付与
  5. 「割り当ての管理」をクリックし、Analytics利用ユーザを選択し、権限セットを割り当てします。

以上でSalesforce側の設定は完了です。

Ⅱ.Pardot側の設定

会計年度開始月を設定する

  1. 設定>編集>Salesforce B2B マーケティング分析をクリックし、
    会計年度開始月を設定します。
    会計年度開始月を設定

有効化

  1. レポート>B2Bマーケティング分析 にアクセスします。
    設定が完了していると有効化のボタンが表示されます。
    ※赤字テキストが表示されている場合は設定を見直しします。
  2. 「はい!Salesforce B2B マーケティング分析を有効化します。」をクリックします。
    レポートの有効化

Ⅲ.EinsteinAnalytics側の確認

すべての設定がうまくいくと、「B2B Marketing Analytics」というアプリケーションが作成されています。
EinsteinAnalytics側の確認

作成されたアプリケーションには、5個のダッシュボードが作成されています。
EinsteinAnalytics側の確認

これでで分析の準備が整いました!!

終わりに

ツールの設定は、うまくできましたでしょうか?
ここまでに色々な設定が必要で、少し身構えてしまう…なんて方も多いとは思いますが、
分析のための第一歩ですのでこちらのBlogを参考に、ぜひ設定してみてください!!
次回は、今回設定したAnalyticsを活用した分析のコツなどをご紹介いたします。

投稿者プロフィール
佐々木忍

佐々木忍(Shinobu Sasaki)Pardot/CRM ディビジョン長

社内でSEを8年経験後、三菱商事系列のコンサルティングファームでのセキュリティコンサルタントとして2年従事。セールスフォースとの出会いをきっかけに、株式会社テラスカイへ。数億から数十万円までの大小様々なSalesforce導入案件のPMとして、5年半従事し、2017年11月よりtoBeマーケティングへ参画し、2019年10月より現職に。


ページトップへ