ブログ
BLOG

【新機能】Account Engagement (旧 Pardot)だけで完結!ドラッグ&ドロップでランディングページ作成!

author サポートチーム

date 2022.09.22

update 2022.09.22

tags Pardot

tags 

はじめに

Account Engagement (旧 Pardot)で新しくリリースされた拡張ランディングページをご存知ですか?

Pardot Lightningアプリケーションのドラッグ&ドロップビルダーを使用したランディングページの作成方法です。

従来のランディングページのようにレイアウトテンプレートやHTMLを使用せずに、簡単なビルダー操作でレスポンシブデザインに対応したランディングページを作成できることが特徴です。

本ブログでは「拡張ランディングページ」についてご案内します。従来のランディングページについては、弊社のブログ「Pardotランディングページの作りかた① 〜初めて作る編〜」を参照ください。拡張ランディングページと従来のランディングページの操作方法を正しく理解し、最適なランディングページ作成を選択できるようにしましょう。

前提条件

拡張ランディングページを使用するためには、いくつかの前提条件があります。

機能が有効になっていない場合には、各リンク先のMAnaviコンテンツをご確認の上設定ください。

※以下のマニュアルは、MAnavi会員のみ閲覧可能です

事前設定

拡張ランディングページでは、画像ファイルの保存先にPardotファイルではなくSalesforce CMSを使用します。また、作成はPardot Lightningアプリケーション上の専用タブ「ランディングページ」から行います。

Step01 権限セットの作成と割り当て

Lightningビルダーを使用したメールやランディングページの作成では、画像コンテンツをSalesforceのCMS(デジタルエクスペリエンス)へ保存して使用します。CMSを使用するための権限を各ユーザへと割り当てます。

Step02 デジタルエクスペリエンス(CMS)の設定

画像コンテンツを保存するためのSalesforceのCMS(デジタルエクスペリエンス)に、ワークスペースとチャネルを作成してPardotとの接続をします。

Step03 タブの表示設定

Pardot Lightningアプリケーションで、ランディングページの作成をするために使用するタブを表示させます。

拡張ランディングページを利用開始するためには、MAnaviマニュアル「コンテンツ設定 ※MAnavi会員様のみ閲覧可能です」を参考に事前設定を進めてください。

ランディングページの新規作成

ランディングページを新規作成するには、まずは新規レコードを作成して必要な項目を設定します。

1.[ランディングページ] タブをクリック

スクリーンショット 2022-09-09 16.32.31.png2. [新規] をクリック

スクリーンショット 2022-09-09 16.33.03.png3.各項目を入力して [保存] をクリック(各項目は保存後にいつでも編集が可能です)

ランディングページのビルダー編集

作成したランディングページレコードでは、[ビルダーで編集] よりページの中身を作成することができます。

スクリーンショット 2022-09-06 18.01.18.png

以下がビルダー編集の画面です。

スクリーンショット 2022-09-06 18.01.43.png

ビルダー画面での設定(標準コンポーネント)

ビルダー画面では、「HTML」「Pardotフォーム」「ボタン」「リッチテキスト」「画像」の5つの標準コンポーネントをドラッグ&ドロップすることでランディングページを作成します。

スクリーンショット 2022-09-06 18.02.02.png

ビルダー画面での設定(レイアウト)

コンポーネントを2つ以上横に並べて設置するためには、コンポーネントを設置する前に複数列の行を作成します。

適切な [レイアウト] を選択してドラッグ&ドロップすることで、列を作成することができます。

列の設置後に、列数を増減したり、各列の比率を変更することもできます。

スクリーンショット 2022-09-06 18.02.28.png

ランディングページの公開・非公開

【公開】

ビルダーで編集後のランディングページは、「公開」をクリックすることで公開されます。アクセスするためのURLは、[公開リンク] 項目に表示がされます。また、Pardotではオートメーションやレポートにて使用することができるようになります。

公開後にも「ビルダーで編集」を含めた各種編集をすることが可能ですが、編集結果はもう一度「公開」をするまでは公開済みのランディングページに反映されないためご注意ください。

また、公開や非公開を繰り返しても、バニティURLを変更しない限りは [公開リンク] URLが変更されることはありません。

スクリーンショット 2022-09-09 16.36.01.png【非公開】

公開後のランディングページは「非公開」ボタンをクリックすることで非公開状態にできます。

[公開リンク] URLも非表示になりますが、公開時のURLにアクセスがあった場合には [非公開時のリダイレクト URL] へとリダイレクトされます。また非公開状態のランディングページは、Pardotでのオートメーションやレポートでの使用ができなくなります。

スクリーンショット 2022-09-09 16.36.39.png

MAnavi会員限定

今回は、「拡張ランディングページ」についてご案内しました。いかがでしたでしょうか。
MAnaviでは、今回のブログの内容を動画でご紹介しておりますので、是非MAnavi会員の皆様は動画で初期設定してみてください。

マニュアル ご紹介 (3).png

※以下のマニュアル及び動画は、MAnavi会員のみ閲覧可能です

参考マニュアル コンテンツ設定
ドラッグ&ドロップ形式でメールコンテンツ・あるいはランディングページの作成ができます。それらを利用開始するために必要な「コンテンツ設定」の手順をご案内します。
拡張ランディングページ
Pardot Lightningアプリケーションのドラッグ&ドロップビルダーを使用したランディングページの作成方法をご案内します。
参考動画 Lightningビルダーでランディングページを作成しよう!
  • 拡張ランディングページとは?
  • 従来のランディングページとの比較
  • 事前準備〜コンテンツ設定〜
上記内容について、動画で解説しております。
Lightning in Email ドラッグ&ドロップで簡単綺麗にHTMLメールを作成する方法
  • Email in Lightningとは
  • 利用するための前提条件
  • Lightningビルダーでメールを作ってみよう!
上記内容について、動画で解説しております。



MAnaviでは、Account Engagement (旧 Pardot)に関するマニュアルを、機能別に80本以上ご提供しています。文字だけではわかりにくい設定の方法やオプション設定はキャプチャ付きで説明しています。

また、Pardotの基本を網羅した研修動画8本、その他実践的な動画を50本以上提供しています。

  • ✔異動や退職時に操作方法を教えられるだけの人手や時間がない
  • ✔「MAツール運用担当者」というピンポイントな人材ポジションを用意することが難しい
上記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ!お問い合わせください。

\Account Engagement (旧 Pardot)マニュアル80本以上・動画50本以上掲載中/ 

投稿者プロフィール
サポートチーム

サポートチーム(Support team)

Pardot 活用・定着化を支援する「MAnavi(マナビ)」では、Pardot を「学ぶ」「使う」「活用する」をコンセプトにtoBeマーケティングがこれまで培ってきたPardot の活用・定着化をサポートするさまざまなコンテンツをご提供しています。本ブログでは、Pardot・Salesforceの使い方やPardotユーザーからのよくあるご質問や、活用のためのワンポイントなどをご紹介します。


ページトップへ